ミューノアージュの日焼け止め

敏感肌用でエイジングケアができるコスメ、ミューノアージュ。
現役の皮膚科のお医者様がつくられているドクターズコスメですよね。

紫外線対策もエイジングケアに欠かせないものになっています。
紫外線対策なしのエイジングケアはありえないといえるでしょう。

ミューノアージュの販売開始から数年がたっていますが、日焼け止めがようやく発売されましたね。
クリームタイプとパウダータイプの二種類があります。

普通の化粧品にはかぶれないけど、
日焼け止めにはかぶれたことがある、という人も多いんじゃないでしょうか。
私もそのうちの一人です。
これは紫外線吸収剤のせいです。

ドラッグストアでも紫外線吸収剤なしの日焼け止めも最近はたくさん見かけます。
吸収剤のかわりに散乱剤が使われているんですよね。

本当なの?ミューノアージュの効果

>使い心地のいいクリームタイプの無添加日焼け止め

ミューノアージュでの日焼け止めクリームは開発まで3年かかっています。
それはミューノアージュならではの以下のこだわりがあったからだそうです。

1. 紫外線吸収剤を入れない
2. ミューノアージュの無添加条件
3. 使い心地も追求

紫外線吸収剤のかわりに散乱剤を使う場合には、
伸びが悪く、ぎしぎしして、使い心地がよくないんですって。
でも石油系界面活性剤を使えばその点はカバーできるんだそうです。

ミューノアージュでは肌に負担になるものは一切排除ということで、
基礎化粧品だけでなく、日焼け止めも、
香料、着色料、防腐剤、アルコール、鉱物油、石油系界面活性剤は省かれています。もっと詳しく>>>>>アレルギー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です